2015年 10月 06日

毎日が大変な日々

テレビや雑誌で流行りの変わったウォーキング。これってどうなのかと思ってしまう今日このごろ。手を上げたり、体をねじらせたりパフォーマンスを取り、入れたウォーキングはあまり意味が無い。ただし、そのほうが歩くのが楽だし、ムリにはやめられない。こういったのがけっこうつらかったりするものなんですよね。自分の体を調節するために、本当に必要なことをどれだけ意識して行えるのかを考えてからしっかりとした自分を作り上げていくことが重要になるはず。

簡単なことほど効き目が無かったり、難しいことはそんなに意味が無かったりする。どういったことを考え、どれだけのことを意識するのか?難しいこと、簡単なことを調節して、良い位置づけをしてから一歩づつ前に進むこと。このような日々の中で、どれだけのことを考えられるのか?

少しの日々の中で、どれだけのことを考えてから行おうとするか?
単純な日々の中で、少しづつ進むことが大事になるはず。

[PR]

by watasinokodawari | 2015-10-06 10:45


<< 美味しすぎる料理は良くない      薬との戦いについて >>